×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

CPU 性能比較

キャッシュ・メモリ

コンピュータの記憶装置というと「メモリ」「ハードディスク」、一昔前ならこれに「フロッピーディスク」などが加わるのが一般的な理解でしょう。

 

1秒間に百万回単位でデータ処理を行うCPUから見るとフロッピーディスクは徒歩、ハードディスクが自転車、RAMと呼ばれる主メモリで自動車とか新幹線位の感覚でしょうか。とてもじゃないですが1秒間に何百万回のスピードには追いつけません。

 

そこでジェット機くらいには高速な「データの一時保管場所」として作られたのがCPU内部に存在する「キャッシュメモリ」です。CPUでは「よく使うデータを一時的に手元に保管しておく」事で処理速度が速すぎる事によるロスを防いでいるのです。

 

CPUの演算処理ユニットに最も近い順から1次キャッシュ(L1キャッシュ)、2次キャッシュ(L2キャッシュ)、中には3次キャッシュ(L3キャッシュ)を備えるものまであります。

キャッシュ・メモリ  関連エントリー

CPU動作周波数
CPUの動作周波数、どこまで知っていればCPU性能比較ができる?
フロント・サイド・バス
キャッシュメモリを活かすも殺すもFSBとのバランス次第!
キャッシュ・メモリ
キャッシュメモリ、高Ghz化するCPUの性能を活かす高速メモリ。CPU性能比較のポイントです。
L2キャッシュ
L1(レベル1)よりはCPUから離れているけれど、容量を稼げる便利なキャッシュ・メモリ。
TDP
「高性能CPU」=「高発熱CPU」だから大事な発熱量の指標。省エネCPUのデザイン基準にも。
製造プロセス
もはやCPU内部の配線は「原子レベル」のサイズで行われています。
プロセッサ・ナンバー
タイプが枝分かれしすぎてCPU比較が混乱してきたら、プロセッサナンバーで整理しよう。
CPUダイ
CPUダイ・・・・ってよく言われるけれど何?
CISCとRISCアーキテクチャ
CPUアーキテクチャでも大事なCISCとRISCの違いをおさえよう