×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

CPU 性能比較

L2 キャッシュ(レベル・ツー・キャッシュ)

CPUのクロック数・動作周波数が高い=高性能=マーケティング高評価の図式が完成しはじめ、インテルの技術陣が突き当たった壁が「メモリ読込・読出しの高速化」。

 

エンジンに例えられるCPUがいくら高クロック数を実現しても、ガソリンに例えられるデータがメモリから滞り無く読み込まれないと意味が無い。

 

そこで考案されたのがLevel 2キャッシュ。キャッシュメモリは主メモリに比較して高速動作が可能で主メモリの遅さを補い、CPUの高クロック数を無駄にしない工夫としてCPUに無くてはならないものとなっています。

L2キャッシュ  関連エントリー

CPU動作周波数
CPUの動作周波数、どこまで知っていればCPU性能比較ができる?
フロント・サイド・バス
キャッシュメモリを活かすも殺すもFSBとのバランス次第!
キャッシュ・メモリ
キャッシュメモリ、高Ghz化するCPUの性能を活かす高速メモリ。CPU性能比較のポイントです。
L2キャッシュ
L1(レベル1)よりはCPUから離れているけれど、容量を稼げる便利なキャッシュ・メモリ。
TDP
「高性能CPU」=「高発熱CPU」だから大事な発熱量の指標。省エネCPUのデザイン基準にも。
製造プロセス
もはやCPU内部の配線は「原子レベル」のサイズで行われています。
プロセッサ・ナンバー
タイプが枝分かれしすぎてCPU比較が混乱してきたら、プロセッサナンバーで整理しよう。
CPUダイ
CPUダイ・・・・ってよく言われるけれど何?
CISCとRISCアーキテクチャ
CPUアーキテクチャでも大事なCISCとRISCの違いをおさえよう